BLOGブログ

ブログ

レンタルスペースの活用法~基本用途からビジネスでの使用例まで紹介~

レンタルスペースの活用法を考える女性

ニューノーマルな働き方が一気に加速することとなった昨今。
テレワークやリモート(Web)会議の場として、レンタルスペースの活用が増えています。
また、新型コロナウイルス感染症拡大防止が主要な目的やきっかけだったとはいえ、実際にレンタルスペースを使うことで、多くの人がそのマルチな魅力やメリットに気づきはじめた印象も少なからずあるように思います。

自社オフィスにこだわらない、もはや不可逆的に定着し得る、新しい仕事のスタイル。
とりわけレンタルスペースは、一度その利便性の高さを知れば、重用せざるを得ないといっても過言ではないでしょう。

本記事では、レンタルスペースの基本的な特徴から、プライベート、ビジネスシーンそれぞれの具体的な使用例まで幅広く紹介します。
どうぞ、ご一読ください。

目次

レンタルスペースとは?

広々としたレンタルスペース

レンタルスペースとは、時間単位の決められた料金で貸し出し可能な、建物や駐車場に併設されている一部の空間を指します。
ビル内に複数のコンテナが仕切られ、配置されている空き部屋などはまさにそう。レンタルスペースとして、サービスに適用できるものといえます。

その形態やシチュエーションによっては「貸し会議室」「レンタルキッチン」「シェアオフィス」といったようにさまざまな呼称がありますが、総じてレンタルスペースの類と捉えていいでしょう。
そのなかで当然、サービスの特徴やメリットも存在します。
一般的な使い方も含め、まずはそれぞれについて言及しましょう。

レンタルスペースのサービスの特徴

基本的には、個人や法人などが保有するスペースを、(そのスペースが使われていないときに)借りられるサービスです。
全国津々浦々、各エリアで目的に応じた利用可能な空きスペースをお探しになる方は、一定数いらっしゃいます。そうした方々へのサポートとしてレンタルスペースは確実に機能するといえるでしょう。

もちろん、ただ漠然とスペースがあるだけでは使い勝手がいいとはいえません。
レンタルスペースは、あくまで実用的な空間であることが特徴です。
そもそも普段はお店や企業が利用しています。
だからこそ無機質な部屋などではなく、比較的容易にイベントを行えたり、食事や憩いの場として使えたりと、仕事も含め作業できる環境はあらかじめ整っていることがほとんどです。

レンタルスペースを使う主なメリット

前述した通り、目的別に選定すれば、大抵の場所ではスムーズに取り掛かれる環境が事前に用意されています。
そのバリエーションは、キッチンスペースや防音スタジオ、撮影スタジオ、研修ルーム等々、実に豊富です。
プロジェクターやスクリーンなどが完備されているところも少なくありません。

加えて、お洒落な内装・外装や、アットホームな居心地のよさといった雰囲気までをも楽しむことができます。

さらには、リーズナブル。
レンタルスペースはお手頃価格で利用できることが多く、契約自体も複雑なやりとりはなく簡単です。
そして、短時間から気軽に使えます。この点もまたメリットといえるでしょう。
こうした安心感をもたらす側面があるからこそ、利用者がどんどん増えて続けているのだと思います。

一般的なレンタルスペースの使い道

大きくは、個人向けと企業向けの使い道に分かれるレンタルスペース。
前者の場合だと、結婚式の二次会・パーティー・余興の練習、美術作品などの個展、その他プライベートのイベント中心に、ライブ、サークル活動、映画鑑賞会といった趣味の集まりなどでの用途が挙げられます。

一方で後者は、社員研修、セミナー、レッスン、会議などが一般的でしょう。

そうしたなかで、ここ最近はやはり、テレワークで使われるシチュエーションが非常に多くみられます。
さらに注目すべきは、動画や写真撮影、カフェ運営、整体・鍼灸……等々でフリーランスの方々が仕事現場に重用しているケースです。
具体的な使用例の詳細は後述しますが、あらゆる使い方ができること、その万能性、可能性の広がりは、ますます如実に感じられます。

要チェック!レンタルスペースの具体的な使用例

整体師が仕事場に活用しているレンタルスペース

前述の通り、レンタルスペースは、プライベートでもビジネスシーンでも重用される機会が多くなってきています。
本章では、使用例について、より具体的にご紹介します。
なかには、新たな発見として意外に思われる活用の仕方もあるかもしれません。

そういうわけで、一通りチェックしていただけると幸いです。

料理教室に活用!

よくある例として教室活用が挙げられます。
とりわけ料理教室は、開催される方が多い印象です。

もちろん、小規模に行う分は自宅で開くのも問題ないでしょう。
一方で、人が増えるようになると、いくつか課題がみえてきます。
大人数が入れるスペースに加え、本格的な設備も必要でしょう。加えて、少なからず利益を出したい気持ちもあるはずです。

そこで、注目されるのがレンタルスペース。
多くの人が入ることができ、キッチンも付いて、テーブルや椅子、食器なども不足なく揃った清潔感のある空間は、どうしたって重用されるでしょう。
さらには、リーズナブルであることもうれしいポイントです。

ライブやトークイベントに活用!

イベント設備が揃うレンタルスペースも少なくありません。ステージ、緞帳(どんちょう)、客席が用意されているところでは、ちょっとしたコンサートやライブ、芝居といった演目も実現可能です。

また、トークショーとの相性も良く、場所によってはひな壇席、観覧席までしっかり作られています。もちろん、イベント終了後の交流会にも活用できます。

まさしく各種イベントに応じた特設会場として本格的に機能する空間です。

セミナー会場として活用!

多くの企業がレンタルスペースをセミナー会場として使っています。
スクール形式やシアター形式といったレイアウトのバリエーションや、プロジェクターなどの備品が揃っている点は、やはり便利といわざるを得ないでしょう。

経費削減という面でも、プラスに働きます。
仮に、自社で保有するスペースを設ける場合、使用頻度によっては、賃料として無駄な費用をかけてしまうことになりかねません。
上述したプロジェクターはじめ、モニター、マイク、スピーカーなどといった機器も同様です。
それゆえ、会場や設備を必要なときにだけ借りられるレンタルスペースは、実に効率的だといえます。

そのほか、好立地やリフレッシュできる環境を選べることも人気を博す理由でしょう。これらによって、登壇者のモチベーションが高まることも期待できます。

株主総会で活用!

株主総会のような大規模な催しさえレンタルスペースは一役買っています。
繰り返しお伝えしている通り、広さやレイアウトの多彩性、自社で保有するには難しい機材や設備面の充実、ホテルなどを借りるにしても一般的にはどうしても高く付くコストの削減……等々、レンタルスペースは、株主総会で活用するのにうってつけな要素が目白押しです。

会場を借りることはもちろん、当日に向けての打ち合わせや会議など準備段階から使える点も、実際に好評を博す理由かもしれません。

また、立地や交通の便も考慮し、なおかつ自由に設営できる特長を生かせば、本会場のみならず、株主の方や弁護士その他関係者の控室にもこだわることが可能です。

さらに、総会は臨時で行われる場合もあります。
柔軟に対応できるよう、レンタルスペースを選択肢の一つに入れておくと便利でしょう。

新商品の発表会に活用!

新商品の展示の場、発表会としてもレンタルスペースは使われています。来場者数に応じて調整が図れる点やコスト削減、選べる立地条件といった要素が、やはり相性の良さにつながっているといえるでしょう。

また、新商品はインパクトが大事です。
だからこそ、お披露目する場所もカギを握ります。
空間含めその場を形成する情報によって、参加者の印象は変わるものです。ひいては、その後の商品想起にもつながります。
したがって、レンタルスペースの自由度の高さをうまく生かすことは、商品宣伝の観点からも理に適っているわけです。

映画が鑑賞できるカフェとして活用!

レンタルスペースを使って映画鑑賞会を行う方々がいらっしゃいます。
大画面モニターやプロジェクター、音響機器などが完備されているのに加え、大抵はお食事できる環境まで整っているため、好評の声がほとんどです。
映画館でも自宅でもなく、仲間と共有する場としてレンタルスペースが気軽で楽しいという意見は容易に納得できます。

他方、そうした利点を用いて、サービス側に回る人たちも最近では増えてきた印象です。
そう、映画カフェを運営する場として活用する方々の増加です。
エンターテイメントを満喫しながら丁度いい具合に小腹も満たせてリフレッシュできる場所はニーズとして十分。そうした憩いのスペースを提供することは、集客するにも実にイメージしやすいのかもしれません。
となれば、手頃に活用可能なレンタルスペースに陽の目が当たるのも頷けます。

フリーランスの整体師が仕事場として活用!

前述の映画カフェもそうですが、仕事場としても適しているレンタルスペースだからこそ、ニーズが拡大すれば、この先どんどんビジネスシーンで流用されるに違いないでしょう。
たとえば、フリーランスの整体師もレンタルスペースを活用することが多いようです。

整体というお仕事はまさに、お客様の悩みの改善もさることながら、顧客満足度向上に空間づくりが欠かせません。そして、費用然り、手間暇かかるものです。
だからこそ、レンタルスペースはありがたい存在だと当事者の皆様はいいます。
再三述べてきた豊富なレイアウトのバリエーションや立地、設備、環境等々を選べる贅沢、作れる楽しみは、フリーランスであるがゆえ、整体師であるがゆえ、重宝せざるを得ないようです。

YouTuberが撮影スタジオとして活用!

YouTuberといってもさまざまなタイプがいます。
そうしたなか、企画を実現するために撮影場所が肝心であることは共通していえるでしょう。
特に初心者は、なかなか資金を集められず(もしくは費用をかけられず)、難点に思うことが多いかもしれません。

そこで活用されているのが、やはりレンタルスペースです。
まずコスト面での不安を少なからず拭えるでしょう。
また、フィットネス系やグルメ系などジャンルに特化した空間を選べるだけでなく、番外編やイレギュラー企画の際、レンタルスペースなら急遽であっても探して使うことができます。
もちろん、白壁仕様や撮影用ライトの準備など環境が整っている点も便利です。

上述の通り、安心して撮影に臨めるからこそ、YouTuberの方々も活用しているのだと考えます。

レンタルスペースを使う際の注意点

レンタルスペースに格納する家具のイメージ

ここまでお伝えしてきた通り、レンタルスペースは非常に便利です。
一方で、注意点もあります。
軽率な選び方や使い方は後悔を招くので気を付けましょう。
以下よくあるシチュエーションでのポイントをご紹介します。

最寄り駅からのアクセス

セミナーや新商品の発表会・展示会、トークショーといったイベントは、やはり最寄り駅からのアクセスが大切です。
集う方々に対しても、その利便性を共有する必要があります。
そういうわけで極力、目印となる駅から近く、なおかつ交通の便もわかりやすい場所を選ぶようにしましょう。

十分な設備

多くのレンタルスペースが設備面を整えているとはいえ、選ぶ際には事前のチェックが重要です。
マイク、プロジェクター、音響システム、電源、Wi-Fi……。
キッチン、軽食類、机、椅子、防音シート、貴重品管理ロッカー……。
清潔感、開放感、安心感……。

活用シーンにもよりますが、運用する際の手間がなるべくかからない、全方位的に十分配慮された環境をみつけるようにしてください。
最低限のチェックリストを設け、一つずつ照らし合わせてみるといいでしょう。

目的・計画

そもそも、明確な目的や計画がなければ、レンタルスペースの良さを生かしきれないことや、想定外の出費が発生するといった具合に、有意義なものとして活用できないかもしれません。
行き当たりばったりでは、立地の不便さや備品不足にぶつかる羽目にもなりやすいでしょう。
「予算はいくらか?」「必要なオプションは?」「できないことは何か?」といった基本事項は、あらかじめしっかり計算し、リスクに備えておくべきです。

レンタルスペースをうまく活用しよう!

うまく活用することで可能性が広がる魅力的なレンタルスペース

レンタルスペースは、いまや多岐に渡り活用され、その魅力・メリットに対する認識は日に日に浸透しているのがわかります。
プライベート、ビジネスシーン問わず、活用できる場所の手札として持っておいて損はないはずです。
一方で、ただ漠然と使おうとしては失敗してしまう可能性もあります。
各サービスがどのようなものか、提供元の情報をしっかり吟味し、慎重に選び、活用するようにしましょう。