BLOGブログ

ブログ

テレワークにおすすめの場所を紹介!自宅以外の快適スポットとは?

お気に入りの場所でテレワークを行う女性

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、多くの企業がテレワークを導入しているなか、「どこで仕事をするのが最適だろうか?」と場所について悩まれる方も少なくないようです。

とりあえず自宅で行うのが一般的と思われますが、なかなかスムーズにいかないという声も耳にします。たとえば以下のような例。

・手筈が整わず、環境作りに一苦労。
・いざ働いてみると、明らかにオフィスと比べて集中力が欠けるのを実感。
・生産性が低下。


もちろん、ケースバイケースとはいえ、こうしたデメリットが噴出しているのも事実です。
したがって、端から選択肢が自宅一本だと、仕事上のパフォーマンスに良くない影響を及ぼしてしまうかもしれません。

そこで本記事では、テレワークにおすすめの場所をいくつか紹介します。
快適スポットを知るきっかけとなれば幸いです。
テレワークを有意義なものにすべく、ぜひ活用してみてください。

目次

テレワークにおすすめの場所「レンタルスペース」

テレワークに利用できるレンタルスペース

自宅では集中できず、仕事をするのにレンタルスペースを使う方々が最近特に増えています。

レンタルスペースとは、企業が使っているビルやマンションなどの空きスペースを時間や日単位で貸し切りできる場所のことです。
空間の広さからも会議やワークショップ、撮影、イベント、セミナーなどさまざまなシーンで重用されています。
当然、テレワークで利用するにもうってつけです。
それではまず、メリットを紹介しましょう。

レンタルスペースのメリット

レンタルスペースでは、Wi-Fiに加え、プロジェクターやスクリーンなどが完備されているところも多く、作業効率の向上に寄与してくれます。

内装においても、心地よい空間の印象が強いです。
Web会議を行う場合には、自宅だと生活感が出ますが、まずその点を払拭してくれます。
加えて、雰囲気を引き締めてくれるため、仕事を行う環境として非常におすすめです。
オシャレだったり、スタイリッシュであったり、フォーマルなムードは、程よい緊張感をもたらしてくれます。

さらには、契約がいたってシンプル。
一般的に複雑なやりとりはなく、簡単に予約できます。その気軽さもメリットであり、テレワークを行う場所として人気を博す理由の一つでしょう。
しかもリーズナブル。お手頃な値段もあいまって、利用者が増え続けているのだと考えます。

レンタルスペースの懸念点

場所や運営企業によっては、いくつか細かなルールが設けられていることもあります。したがって、あらかじめしっかりと確認しておくことが大事です。
しかしながら、利用時間や設備の貸し出し、事前登録や予約について等々、規約事項の大抵は想定の範囲内だといえるため、必要以上に構えることもないでしょう。

テレワークにおすすめの場所「コワーキングスペース」

テレワークに使えるコワーキングスペース

会社やオフィスといった環境に縛られずに働くスタイル「コワーキング」。ステレオタイプな働き方に固執しないその概念をまさしく場所に置き換えたのがコワーキングスペースです。
さまざまな企業が提供していることもあって、そこに集うビジネスパーソンは少なくありません。そもそも、勉強会や交流会などで使われる機会も多かったことから、利用価値があるのも頷けます。テレワーク・リモートワーク時代の今におけるニューノーマルな働き方とは親和性が高いというのも納得です。
外部の人間とスペースを共有するなかで、新たなコミュニティの形成や参加といった有意義な活用にもつなげられるでしょう。

コワーキングスペースのメリット

基本的に働く場所として設計されているため、インターネット環境が整いWi-Fiや電源、コピー機なども揃っています。
デスクやチェアーも、疲れを軽減してくれる仕事用の製品が用意されていることがほとんどです。なかには、ドリンクを無料でサービスする場所などもあり、充実度の高さがうかがえます。

料金も、長時間利用できることを考えると比較的安価です。テレワーク期間が月単位に及ぶのならば、月額契約もいいでしょう。さらにリーズナブルに活用できます。

また、先述した通り、外部のビジネスパーソンとの接点が生まれやすいです。
「同業種、異業種問わず新たな出会いのきっかけがほしい」「テレワークだからこそ他人とのコミュニケーションを大事にしたい」
こうした方々にはもってこいのメリットだと思います。

コワーキングスペースの懸念点

コワーキングスペースは、フリーアドレス制が多いため、席の確保が難しいといった側面も少なからずあります。
また、コミュニティを重んじることが必ずしもメリットになるわけではなく、やはり集中して作業したい方にとっては煩わしく感じられるでしょう。それは他人の声や騒がしい音もそうですが、和気あいあいとした雰囲気もまた該当するといえるでしょう。これらを苦手とするならば、テレワークの場所には向いていません。

そもそもが“密”を防ぐためのテレワーク。他人との距離感は十分注意したいところです。
加えて、情報漏洩のリスクもあります。周囲に思わず機密情報を漏らさないよう最大限のケアが必要です。

もちろん、個室の貸し切りができれば上述した懸念点・不安は拭えますが、その分、料金は掛かります。

テレワークにおすすめの場所「カフェ」

カフェでのテレワークの様子

その使いやすさからもテレワークに利用する人が多いカフェ。当然選択肢の一つに入ると思います。
普段からお気に入りのお店がある方なら、親近感もあいまって、なおさら気軽に使えるはずです。
働くイメージが容易に浮かぶのもカフェの特徴かもしれません。
そうしたなかで、具体的にはどのようなメリット、懸念点があるのでしょうか。

カフェのメリット

カフェでのテレワークにおいて、やはり飲食できる点(しかも充実!)を挙げないわけにはいきません。気分転換にもなれば、確実にメリットといえるでしょう。
心地よいBGMやおしゃれな雰囲気も同様です。自宅でどうしても抱きがちな閉塞感がなく、くつろぎながら仕事に向き合えることは、とりわけメンタルの面で非常に有効だと考えます。結果的に仕事の効率アップにもつながる期待が持てます。

コスト面でも優位性が高く、もちろんわざわざ契約する必要はありません。掛かる費用は飲食代のみです。

カフェの懸念点

簡単に利用できるとはいえ、カフェは長時間のテレワークには向いていません。
長く居座るとどうしても周囲や店員の目が気になります。そもそも居続けるにも時間指定があるはずです。そして当然、混雑具合によっては入店できません。

仕事環境も設備面をはじめ安定性はやや欠けるといえます。必ずしも使用するテーブルの傍に電源があるとは限りません。
Web会議を行うのもそう容易くないでしょう。
声を落として話さなければならないうえに、店内のBGMがこの時ばかりは邪魔になってきます。
セキュリティへの考慮も欠かせません。うっかり機密情報を漏らしてしまうことは当然ご法度です。

上記を鑑みると、気軽に使える場所である一方で、案外気疲れする場面が多いこともわかります。

テレワークにおすすめの場所「マンション」

テレワーク仕様のマンスリーマンション

最近ではニーズが増えたこともあってか、テレワーク向けのマンスリーマンションやウィークリーマンションも出てきています。
インターネット環境に加え、家具や家電も揃っているため、新鮮さや贅沢な居心地に加え、自宅さながらの安心感まで備わっているといえるでしょう。
ここにきて注目されているワーケーションを取り入れたい方にもおすすめ。以前から住んでみたかった地域で探してみるのも一興です。

マンションのメリット

まずは仕事環境が充実していることが挙げられます。前述の通り、高速インターネット回線はもちろん、家具・家電付きなのもうれしいポイントです。
静かな環境で作業に集中でき、情報漏洩のリスクも低く、リフレッシュにもつながります。生産性アップもおのずと期待できることでしょう。

マンションの懸念点

テレワークにマンションを利用する際、やはり料金の高さは懸念材料といえます。事前契約が必要である点も人によっては手間に感じられるかもしれません。
マンスリーマンションやウィークリーマンションの場合、実際に訪れて部屋を見られない(内見ができない)こともデメリットに思います。

テレワークにおすすめの場所「ビジネスホテル」

ビジネスホテルでテレワークを行う男性

テレワーク仕様へと舵を切るビジネスホテルが増え続ける昨今。サイト検索にしても、いまや条件項目はもちろん、訴求方法や打ち出し方で“テレワーク可能”の文字が目立つ傾向にあります。
プライベート空間は確保され、インターネット環境が整っている場所も多いため、大概、円滑に仕事を進めることが可能です。
テレワーク人口の増加とともに、今後もニーズは伸びていくことでしょう。

ビジネスホテルのメリット

最近は、テレワークの方向けに長時間プランを提供するビジネスホテルが増えています。落ち着いた静かな個室空間で1日じっくり仕事に向き合える点は、やはりメリットといえるでしょう。
情報漏洩のリスク回避やスムーズなWeb会議の実施なども安心できるポイントです。
加えて、リフレッシュするにももってこいの環境だといえます。ベッドやシャワールームが備わっているため、適度に、なおかつうまく休憩を取り入れることで作業効率アップも期待できるはずです。

ビジネスホテルの懸念点

事前の予約が必要なことや費用が掛かる点はやはり免れません。
また、ホテルによってはWi-Fiの接続不良などインターネット回線が不安定な場合もあります。
さらには、リフレッシュするための設備も充実していればその分、ときに誘惑と化すかもしれません。
テレワーク全般でいえますが、自身をしっかり律することが前提として大切です。

テレワークにおすすめの場所「図書館」

図書館をテレワークで利用する男性

集中して仕事のできる場所として、図書館も大いに役立つかもしれません。
試験勉強のためによく利用した思い出のある方はきっと少なくないでしょう。
ビジネスにおいても同様。普段お勤めの方が、テレワークで活用するシーンは決して珍しくありません。

図書館のメリット

基本的に無料で使えることはありがたい限りです。また、開館時間中であれば長時間滞在できます。
静粛な場所というのも仕事が捗る要素でしょう。
繰り返しますが、試験勉強同様に仕事も集中して行える場所として、テレワークの場所候補に含めていいと考えます。

図書館の懸念点

図書館でテレワークを行う際、インターネット環境が整っていない場所も少なくないため、注意が必要です。
また、静粛な空間だからこそWeb会議が容易にできません。
加えて、飲食禁止がほとんどという点も、人によっては堅苦しく思えるでしょう。
いざ、スタートしたときに困らないよう、検討段階でこれらの懸念点を考慮しておくことが得策です。

その他テレワークに使える意外な場所

ワーケーションを楽しむ人

自宅や上述した場所以外でもテレワークを行う方はいらっしゃいます。
たとえば、カラオケボックス。情報漏洩のリスク回避など個室利用のメリットが感じられるはずです。
実際、テレワーク利用者向けのプランを用意しているカラオケ店も増えてきています。

灯台下暗しという意味では、実家も無視できません。
自宅とはまた違う感慨や新鮮さを味わえるでしょう。

そして、驚くことにキャンプ場や河川敷でテレワークを行う方もいらっしゃいます。
一見、突飛に思えますが、自宅以外の快適スポットとみなせば案外理に適っているかもしれません。
いかにも場所を限定せずに行えるテレワークの特徴、そして可能性が感じられます。

場所選びのポイントを決めて、快適なテレワークにつなげよう!

テレワークに活用したい快適スポット

テレワークが当たり前になってきたなかで、仮に「仕事場は自宅一択」という先入観に囚われていたならば、それは少し勿体ないことかもしれません。
ここまでお伝えしてきた通り、テレワークはさまざまな場所で行えます。
「集中できるスペースがない」と嘆かれている方は、あらためて拙稿にておすすめしてきた珠玉の快適スポットを試してみてください。
もちろん、その際は自身にマッチするポイントを見極めるようにしましょう。

ニューノーマルな働き方は可能性でいっぱいです。
テレワークの環境もまた、バラエティ豊かな選択肢に溢れています。